翻訳家次第

積ん読のリストの小山から、一冊引き抜いたら、それが『ブルックリン・フォーリーズ』(ポール・オースター著、柴田元幸訳、新潮文庫)だった。

 

六月の半ばに購入して積んでおいた。パラパラやると、購入時の気分、がわいてきた。今年の六月半ば、といえばいよいよプロ野球の開幕を間近にひかえた時期、コロナ禍で開幕が遅れていたこともあり、今年の<読書期>は長引いていたのだ。

 

私の人生には<読書期>と<非読書期>がほぼ半年ごとに交替でやってくるスタイルがあった。野球観戦期とそのオフシーズンとしての<読書期>である。どちらがオンでどちらがオフでもいい、どちらも大切だから。ただ、切り替え時のスイッチの切り替えはメリハリをつけてきたつもりであり、それが哀しみと喜びの切り替えでもあった。

 

今年の、切り替え時は今月半ばからであり、すでに読む本は揃えてあり、それにこのポール・オースターの文庫本が加わったのである。ポール・オースターはなぜか『ムーンパレス』から好きになり、『偶然の音楽』、『リヴァイアサン』、『幻影の書』、『オラクル・ナイト』と読んできて、ま、この『ブルックリン・フォーリーズ』が最後になると思われ、感慨深く読みたいと思う。

 

ポール・オースターが好きという以上に、翻訳の柴田元幸さんの訳文が好きというのが大きいと思っている。ローレンス・ブロックの本は田口俊樹さんであるように。原書を読めるわけではないので翻訳家の力量に左右されると思う。

 

ブルックリンを想像していたら、NetFlixで『マザーレス・ブルックリン』という映画に遭遇してしまった。2時間半の大作だが、エドワード・ノートンが主演、脚本、監督をすべてこなし、1955年あたりのブルックリンを活写している。ポール・オースターの作品背景とシンクロしているのに感心してしまった。

国道16号

昨日Amazoneから届いた新刊。待望久しい本、こんな気分になったのは久しぶり。パラパラ頁をめくる楽しみ、すぐに読み始めたくなくて、ただただ、アットランダムにあちこちらの頁の段落を読む、フーム、なるほど、頷くことしきり。

 

十数年前、ある民放の夜のラジオ番組で、柳瀬さんが<国道16号>について、問わず語りにお話になり、およそ30分ほどの語りに聞き入った記憶がはっきりある。理にかなうもイデアがいくつにも錯綜し、しかし、一つのイデアに収斂していく、その話に聞き入り、聞いている側の脳が働いてくる、こういう話に出会うことはあまりない。

 

それから柳瀬さんの<16号>テーマが、わが脳にしっかり刻まれ、あの話が一冊の本になる日がくることを祈り続けた。日経グループの編集者をしていて、その後退職された、ぐらいのフォローはしていた。ツイッターでも柳瀬さんの言説は日々読んでいた。先月半ば、刊行の告知があった。さっそくAmazonで予約しておいた。

 

f:id:fukahara_itami:20201119102119j:plain

 

この本も加わったため『特捜部Q アサドの祈り』も読了が来年3月になると予測したのだ。

見えるものを見ていない

先週の土曜日、家人と渋谷で待ち合わせ、食事をした。最近の渋谷は東口のヒカリエ、西口のフクラス、井の頭線マークシティなど新しいビルが林立し、東横店を愛用していた身としては、成り代わる新規店を探す実験を二人して進めている。先週の土曜日はヒカリエにある某店、値段も内容もリーズナブルであり、二月に一度はこの店で、とノミネートされた。

 

 

さて、それが今回の更新テーマではない。その土曜日にマークシティ地下にある啓文堂書店で、夏以降、注目をしていた一冊をついに購入した。上下2段組、600ページにも及ぶ大作であること、などいまの自分に読み切れるかいなか、が購入をためらっていたのだ。しかし、先週、この作品シリーズの映画化作品の一つを見て、ああ、やっぱり読もうと決断した。映画は『特捜部Q カルテ番号64』、同シリーズの2018年製作作品。で、このシリーズの原作は同名の小説シリーズで、早川書房の早川ポケミスから出ている、その最新作「特捜部Q アサドの祈り」(ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田美保子訳、ハヤカワポケミス1957)が問題の一冊だったわけ。

 

 

購入した以上、読了しようという並々ならぬ意欲は今日までは続いている。しかし、今日現在で41ページしか進んでいない。しかし、そんなことはどうでもいい、著者の思惑を見過ごさず、丁寧に読み進めようと思うからで、あいまいな目標ではあるが、来年3月ぐらいまでに読み終えればいい、そう考えている。

 

 

冒頭に一篇の詩が置かれ、エピローグで主人公の一人で、かつてあまりその生い立ちについて語られてこなかったアサドの出自を語られるというおもわせな始まり、なので慎重に読み進めなければならない。<見えるものを見ていない>が本書の一大テーマなのだから。

 

あったあった

最近、私の周りにちょっとした<ブーム>がある。私や上下一世代、1950年〜1970年生まれの世代が集まる場においての話題である。あるある、というのは女子中学生でも話題になるが、私たちはもっぱら、あったあったという過去形話題である。

 

 

しかし、私を除いて、この話題になると大いに盛り上がるのだが、私はちょっとした疎外感に襲われるのだ。なぜか?それは固有名詞が出てこないのだ。

 

 

ああ、青山三丁目の青山通りから一本入った路地にあったヤツね、それそれ、・・・などと盛り上がるところまではいくのだが、そのヤツの名が出てこない。原宿の竹下通り、明治通りに近い側にあったね、これもほぼ場所も外観もイメージできるのだが、店の名前が出てこない。

 

 

上のような話題では、必ず、記憶力のよろしい私より年少の強者がちゃんと、私に変わり、その固有名詞を繰り出してくれる。助かると同時に、わが実情を情けなくも感じる。

 

 

それより深刻なのは、一昨日、何食べた問題である。記銘力、記憶力は身体の衰えより深刻なような気がする。あとは精神力だが、これだけは自信(笑)がある。また、それだけが救い。

昭和の<はずみ>効果について

なんか当たり前のことばかり書いて、後で自分で読み返すと、わが思考そのものが停止、あるいは停滞していると自覚せざるを得ない状況を認識する。思考の延長性、伸展性、アイディアに新しさがない、そういう事態を老いによる劣化とみる自分とみたくない自分もいる。


筒美京平さんが亡くなった。追悼文の類いはおびただしく出ているので書かない。その追悼文を読んでいて、新しい見方をしているものがあって、なるほどと思った。筒美さんが作曲家デビューにあたって、洋楽盤の新譜を購入して聴きまくった、というエピソードで、当時のアメリカで流行っていたフラデルフィアサウンドに和製ポップスとの親和性を感じ、取り入れていたというのだ。


ブルーライトヨコハマ』、『また逢う日まで』、『魅せられて』という代表曲には洋楽聴きまくりの成果がちりばめられている、そういう分析になるほどと思った。それが日本人だけでなく、アジアにも和製のポップスの新しい地平を拡散していった。


和洋同魂というような大げさを言わないけれど、上記の代表三曲に象徴されるけれど、どの曲もイントロが長くて、どの曲もそれぞれ別な新しいリズム&ソウルに満ちている。決して和製ではないのである。当たり前ながら、日本人が新しい何事かを表現するにあたり、洋に<はずみ>を得ていると言うことなのだと思う。音楽がそうであるならば、文学でも欧米文学を読みあさった後、書き始めた村上春樹の汎用性向も同様なのだと実感する。


昭和という時代はそういう<はずみ>による成功に満ちあふれていた。

暮れ方の時代

10月が始まり、これからはあっという間の年末、ちょっと早いかw、しかし、実際は早いのです。これは自分がよくわかっていること、自分の人生も10月の初頭、というぐらいに位置づけております。


という、何が何やら不明の書き出しですが、9月の更新は<久米ロス>というタイムラグのあるテーマを2回もやり、その果てに実際の仕事も年末に向けての比較的大きなテーマを抱えており、どう進めていくかいろいろが不明の事態、これで我が身をコントロールできているかも不明。


振り返れば9月、久しぶりに『ゴッホの手紙』(小林秀雄著・新潮文庫)を読み通し、忘れていたもろもろのわが内なる琴線を刺激することが出来た。40年ぶりに読んでみて、当時読解出来得なかったことがわかりやすく腑に落ちていった。これはわが脳をハンマーみたいなものでかなりの力で叩いたような刺激を加えた賜物だった。


これで摩耗、劣化したわが脳が活性化した、などということはない。同書読了後、次に何を読みたくなるか、が出てこなかったのが証左である。それはあまりにも同書に、いまでは考えられない<情報>の質量が込められていたためで、スカスカのいまでは同書の<情報>に匹敵するものを探し出すことは不可能と理解しているからだ。


それでは、同書と同じ時代の<古典>を探してみればいいじゃないか、とはならないのだ。これが実に悩ましくも難解なテーマであることは承知しているのだ。こういうことを10月初頭のいま悩み停滞しているということは、2020年もあっという間に暮れてしまう、そういう気がするのだ。

久米ロス・2

前回の続き、というか関連。ネットに<久米ネット>というコンテンツがあり、久米宏さんがとあるオフィスの一隅で、一回およそ10分前後の長さで、ワンテーマを話す。これが週に二度ほどの更新。

 

これは、久米宏という人が、放送局のアナウンサーとして就職し、途中からフリーとなり、75歳まで放送メディアに携わってきて、今のこの時代、ネットというメディアで可能性を試している、その中で、いままでと違うのは制約、あるいはしがらみを持たず制作しているところに新境地があるというところ。

 

どうやら、制作スタッフが何人かおり、サイト運営費とともに、いくばくかの予算が必要だろう。視聴者に料金を求めていないから。ま、それぐらい、久米さんには蓄えがあるだろう。昨年の11月に開始し、現在、通算120回ほどの更新回を積み重ねている。

 

コロナ禍においてYou Tube において莫大な番組配信が行われているが、<久米ネット>はその先駆けである。私も近い将来、どんな形か、番組配信を企図している。発信地は南信州、私が番組に出るのではなく、私は構成作家として加わるつもり。その絵も描いている。そのモデルを模索中。