マカロニサラダの効能

映画『ガガーリン世界を変えた108分』は2013年のロシア制作。有人衛星ボストークにより、世界に先駆けて宇宙に到達した飛行士、ユーリー・ガガーリンを描いた伝記映画とでもいうもの。158センチ、最初の成功がたたってか、34歳で早逝している。ロシア制作の映画だが、あまりプロパガンダ性を感じさせなかった。スプートニクから連想して、ザ・スプートニクスというグループの存在(スエーデンのエレキギターインストルメンタルグループ)を思い起こし、『夜の最終列車』、『霧のカレリア』の2曲をプレイリストに加えた。


『レクイエム〜5分間の天国』は2009年のイギリス&アイルランド合作映画。アイルランド紛争のさなかに起きたある一つの殺人事件の被害者、加害者のその後の人生をめぐる物語。リーアム・ニーソンとジェームス・ネスビットの対峙する演じ手の表現を通して一日本人にはとうてい理解不能な、それでなくても不条理な宗教と国境の問題が突き刺してくる。救いは、対峙する二人の心理戦の緊張を和らげるかのように置かれたアナマリア・マリンカという女優の存在感で、装置としてのBBCの陳腐さを消してあまりある、彼女との出遭いという幸運に感謝。一目惚れしました。


この女優とはなんら関係ないのに、パフュームの曲を物色していてPerfumeの曲にしてはスローテンポの、『マカロニ』という曲がアナマリアにぴったりな気がして、プレイリストに入れる。現在40歳だから、いずれどこかの誰かの作品に登場し、再会できることを祈りつつ『マカロニ』。