光陰矢のごとし

師走に入った。光陰矢のごとし、を地で行っているとはこのこと。今、今月末で番組が終わるという<菊地成孔の粋な夜電波>の昨夜(というか、今朝)放送分、ゲストがなんと筒井康隆大先生の回を聞きつつ、義父と婿の会話に聞こえてならない風情がいい。「死ぬのは怖い」という至言を言い放つ84歳の翁。


先週は仕事仲間の一人が急逝、行きたくない通夜に行った。暖かな夜だったのがありがたかった。しばらく前までは、通夜に行き、故人を偲んで精進落としの酒席を楽しんだが、最近は酒をほとんど飲んでいないし、偲びの話などしても仕方あるまいという感じで、早々に引き上げるようになっている。もう一人、仕事仲間の一人が大腸ポリープが見つかったと言うことで、切除入院している件、否が応でも師走感満載のスタート。


書籍は木村元彦さんの名著『悪者見参』、今年のW杯ロシア大会グループリーグ、スイスとセルビアの試合で起きた<事件>を契機に、新たな記述2章分が追加され、<新版>として集英社文庫で発売となった。ユーゴスラビアの歴史はカオスの灯を途絶えることなく続いている、そのことをあらためて知りうることとなった。この本なかったら、ユーゴ情勢など他人事ですんでしまうことになった。ストイコビッチ名古屋グランパス)についてそのプレー以上のことを知りうる、これは木村元彦さんの記述でしか得られないこと、僥倖としか。


『目まいのする散歩』(武田泰淳著・中公文庫)、『半席』(青山文平著・新潮文庫)も読んでいて幸せだった。そして、遭遇したことそのものが僥倖だったのは『ふたつのオリンピック東京1964/2020』(ロバート・ホワイティング著・玉木正之訳・角川書店)。日本戦後史をアメリカ人の目で映し出した歴史書とでも言わないと正確ではない。知り得ない情報満載で、首を何度もひねりながら読み進めている。