ハズレを引く

ローレンス・ブロックの新作に巡り会え、10月はまさに読書の秋を満喫しておりますが、9月はひどかった。あえて作品名と著者名は明らかにいたしませんが、上下巻5000円を超える大作、ある方の評伝なんですが、著者も大学の教授をなさっているんですから、それなりのクオリティを携えたものであろうと、大枚をはたいて購入してきて、楽しみにひもとけば、同じ事象の事柄を手を替え品を替え、リフレインしている、上下巻、一冊で収められなかった、いわゆる水増し表現、評伝の対象となる方への冒涜ではないのか?と読み進めるウチに腹が立ってしかたなく、途中で放り投げました。


こういう体験、しばらくしてこなかったので、落ち込みました。そんなときに、『泥棒はスプーンを数える』に遭遇したのです。それ以降は、翻訳家・田口俊樹さんの翻訳家デビュー作、『ゲームの名は死』(ダン・J・マーロウ著・ハヤカワポケミス1332)も一気読み、その勢いで、たまたま黒澤明作品に溺れていたら、なんとタイトルが『用心棒』というハヤカワポケミスの新刊が出て居るではないですか。


勿論、原題はThe Bouncer となっているんですが、著者デイビッド・ゴードンは明らかに黒澤明の作品を相当見込んでおり、その痕跡が作品のあちらこちらに。で、解説の杉江松恋氏も、主人公・ジョーは三船敏郎である、と断言しており、そう刷り込まれると、なおさら、この作品が活性化してくるという不思議な読書体験をすることができたのです。


先週からは『蒙古襲来〜転換する社会』(網野善彦著・小学館文庫)というジャンルは異なるものの、今読めば、上品なミステリとして読める、古代から中世(鎌倉幕府の話がメイン)にかけての日本の中世を新たな視点で読み解いた、スリリングにして高邁な、まさに歴史ミステリとして読めるんですよ。網野善彦さんといえば在野の逸材学者、中沢新一さんのおじさんですからね、冒頭の評伝を著した某教授とはひと味もふた味も格調に秀でておるのです。


当たり外れは世の常と申しますが、ハズレを引くことのなかった私ではありますが、ハズレを引いたときの自分を責める惨めさを久しぶりに味わった、読書の秋のスタートでした。