毀誉褒貶

昨日の記事についての補足、というか賛否両論かまびすしい<星野仙一論>について。自分でその現象を解析してみればいいじゃないか、と言われるのはわかってはいるのですが、今の私にはそれをやっている余裕がないのです。いつになるか、必ずやります。やらないと前へ進めないテーマでもありますから。

 

 偉愚庵亭撫録(小田嶋隆さんのブログ)に『鉄拳への挽歌』と題する文章が掲載されています。これはクールな星野批評として秀逸です。一方、星野賛美の中でも現役選手として接し、以降球界とは距離を置いている愛甲猛氏のインタビューをもとにした構成のビジネスジャーナル紙、『愛甲猛が震えた星野仙一さんの壮絶な怒りと優しさ・・・パイプ椅子を壁に突き刺し、溢れる愛情』という記事(まとめたのは小川隆行)はタイトルの陳腐さとは裏腹に、内容は愛甲氏の人間性がにじみ出ていていい。

 

なお、愛甲猛氏については現在、日刊スポーツ紙に『野球の国から』という高校野球を題材にしたコラム(大河連載)で高校球児としての異端ぶりが紹介されており、これはすごく面白い。