プカプカ

幻想曲、あるいは夜想曲をテーマにした原稿依頼が舞い込んだ先週半ばにまず頭にひらめいたのがカズオ・イシグロ氏の同タイトルの作品(『夜想曲集ー音楽と夕暮れを巡る五つの物語』)であり、モーツァルトベルリオーズら多彩な同ジャンルの楽曲だった。まあ、依頼主としては<秋の夜長にウンタラカンタラ・・・>というイメージでの発想だと思うが、時節にかなった企画となった昨夜のニュースとなりました。しかし、「実は日本人の受賞でもある!」式の騒ぎは鬱陶しい。

そんな、中秋の名月を愛でるというわがルーティンを終えた秋を本番に迎えた十月初旬をナントか無事に過ごしており、決して愉快な日々とは申せませんが(いや、クズだw、クソだw、としか思えない事象が世界の中枢で起きていることとどう向き合えばいいか逡巡している、というのが実状かも)、いい音楽、いい映画なんぞに囲まれて、薄れていく記憶をついばむように日々を送っている、んですね。

相変わらずのある部位の痛み、しびれを抱えつつ、そんなもん、のこりわずかな日々、つきあっていくしかないのだから、むしろ、もっと重篤な病なり障害なりをお持ちの同世代の方々多くおられるわけで、蒸しタオルを部位に当てる<温熱療法>を信奉してやり過ごしております。ああ、そういえば、九月初旬には風邪をこじらせて、やれ肺炎?肺がん?などと一騒動ありましたな。

でも、相変わらず、プカプカを楽しんでおります。ハナレグミというグループのカバー版『プカプカ』を聴きつつ、庭に出て、プカプカしております。この曲でカバーといえば、原田芳雄さんのものが最高だと評価しております。あと10年もすれば、プカプカという行為は昭和以前の時代の悪しき習慣行動だった、と記憶されるのでしょうね。

 

この間、中秋の名月、見られるかどうかという気象予報士の話を聞きつつ、渋谷の街を歩いていた。渋谷といっても若者が集中する繁華なエリアではない。桜丘、つまりは東急の豪奢なホテル塔の裏側のエリアで、東京スカパラ某の『星降る夜に』を聴きながら歩いていた。桜丘の桜並木のある坂を(これは渋谷の中でも最も急な坂)ぽつりぽつり歩いていた。いや、坂を上っていた、が正解。息の上がらぬ位の速度で。目の前を若い二人連れが歩いている。彼らは二人ともこれくらいの坂では息の上がらぬ二人だった。すると、いきなり振り向いた彼女の方が空を仰ぎ見て、「ねえ、ねえ、ほら、・・・」、彼も振り返る、「ほう、ホントだ、出てる出てる」。私もそれにつられて振り返り仰ぎ見た、声には出さなかったが「ほう、ホントだ、出てる出てる」。二人連れはしっかりと手をつなぎ合っていた。久しぶりに昭和の<二人連れ>を見た気がした。スカパラの曲の歌詞にぴたりとハマった。ステキな風景でした。