面従腹背

この言葉が、先週来、キーワードになっている件については、世情に疎くなっている私でも辛うじて承知している。

 

前回の更新の頃、すでにわが身体は50年以上にわたってわが身体に潜伏していたウィルスによって侵されはじめていた。右前頭部に痛みが走り、頭髪内部になにやらかゆみを発するできものができている。

 

先週半ばにはその痛みやできものが額、右目、頬と広がっていた。家人が「ひょっとしたら、タイジョウホウシン、かも。皮膚科、探すから、行ってきたら」と提案されると、内心、痛みがどうにかなるのなら行こうか、と出かけた。10人ぐらいの待ち合う人々のなかに紛れ込んで、1時間待つのかな、2時間かかるかな、と思ったが一人あたり3分ぐらいで診察室を入れ替わっている、30分ほどで診察室へ。

 

私がいすに腰掛けるやいなや、「帯状疱疹です」「症状はいつから?」「このパンフレットに詳細が書かれています」「患部を暖めるのがポイントです」「一週間後に血液検査してウィルスがどの程度衰えているか、確認します」、ジャ〜〜〜ン、はいこれで一丁できあがり、初診でしたが、やっぱり3分前後でした。私なんて、こういう町医者、尊敬します。処方箋によると、いわゆる抗生物質による化学療法、補助剤は鎮痛剤、神経のダメージを保護するビタミン剤、それと軟膏薬。

 

帰宅して、家人に報告、早速、ウィルスとの格闘に参入(?)しました。痛みが和らいだという感触はあり、しかし、抗生物質は強力で体感としてはウィルスが目を覚まし、本格的な闘争状態に入った感。実際、腫れが膨らみ、多数の疱疹がわき出るように出来、右目をふさぎ、という展開。本を読む気力もPCを観る気力も失せ、今回の<安静生活>はラジオか、ピアノアルバムを聴くか、というものに。

 

小さい頃、水疱瘡にかかった、その時のウィルスが体内に潜伏し、その人の人生の中でもう一度猛威を振るうのが帯状疱疹だとパンフレットに書かれておりました。私の記憶に間違いがなければ、私が4歳、兄が7歳の時、同時にかかった水疱瘡、どちらかが罹患してそのウィルスがどちらかに移した(W)のでしょうね。その兄は、2度目のウィルス罹患を経験せず、別の生命体と格闘して命を落とした。

 

と、ここまで書いてきたのは、当ブログ初めての代筆・ピンチライターである、わが同業の若い友人である。私がPCすら読めないのなら、と「来るな」というのにやってきて、代筆を申し出て、いわゆる<口述筆記>をしているのである。この患いに陥っていると聞くや、お見舞いと称してわが惨状を確認しに来たのである。現状、<お岩さん>状態を観て、最初の表情に<え?これがあのひと?>という意味を醸し出した。自分ではまだ何が起きているか理解していない、そういう状態。

 

決して今の私が<面従腹背>であるなどと、タイトルしたわけではない。タイトルについては今の症状が回復した暁に、再度、更新したい、本日はここまで。