そもそも

<・・・結局、鬱っていうのは、集中力のある人がなるんですよ。その集中力が自分の暗い部分に集中しちゃうと鬱になる・・・> 、これは 大槻ケンヂ氏の名言。


<・・・パスポートをなくすことはたいした問題じゃない。ノートをなくすことは破滅だ。・・・>、これはブルース・チャトウィン という作家の作品中の名言。

このような名言に囲まれて5月の、というより5月というにはクソ暑い日々を過ごしております。5月の連休明けの頃には「そもそも」などという基本国語をわざわざ辞書で調べて使用しているというのに、辞書で示されている意味で使用していない御仁の空しき日本語に翻弄されている貧しき国、今年の5月の新緑はまさに人に集中力を目覚めさせるのに十分な鮮やかさであり、しかし、緑に目を奪われているうちに、鬱にならないようにケアしなきゃいけない。

<ノートを>なくすことの破滅度については熟知している自分にとって、外に出かけるときにはソフト装丁のMOLESKINEプレーン 、ウチの机の右サイドにはA5版のStalogy 、の2冊のノート。後者をなくすことはまずないと思うけれど、前者をなくすことはあり得る、出先で人様からお聞きした貴重にして希有な内容がコンパクトに、しかもニュアンスも含めて書いたメモ、あるいは地下鉄やバスに乗車中、あるいは歩道を徒歩している最中に浮かんだアイディア、覚え書き、これはなくしたくない。

最近はこのMOLESKINEに加えて、財布はもちろん、グラサンと老眼鏡、iPhone、らを携帯しており、どれをなくしても痛い事態となる。陽気の良さも手伝い、わが行動制限も徐々に緩和され、引きこもり気味の我が身に慣れない外出の機会が増えているので、要注意。

一方、この10日ほど私を捕らえて放さない、鈴木大拙というビッグネーム。とりわけ最初に取り組んだ著作、『日本的霊性』について、大地性、莫妄想、無分別智というキーワードを中心に学びのメモをStalory に8ページ。今、読み返しても興味は尽きない