至福&耳福

いつの間にか、一年の4分の一が経過しており、昨日はフール・オン・ザ・ヒルならぬエイプリルフール、一年前のこの日の朝、「ああ、自分の人生の終わり、なんてこんなものだったのか、早いような、でもそれなりに長かったかな、まあ、自分なりによく生きたよ」とわずか2、3秒の瞬間に思ったこと、頭が白くなり、胸にわずかな鈍い痛みがあり、意識が緩慢に薄れていく、そんな臨死の縁を垣間見た、そんな経験を初めてした、そんな<記念日>でした。

だから、先週の年度末ウィークは殊更に寒かったこともあり、多忙な中、非常にムリをしないよう自重に自重を重ね、ナントかトンネルを抜けたような気分です。

多忙もあり、このところ傾注していた映画を見ることもなく、本を読むこともなく、ちまたで話題の坂本龍一プロフェッサーの<新譜>を聴くこともなく、強いてあげれば、ラジオにハマっていた、と言うべき一週間であったかもしれず、やはりラジオというものの魅力は計り知れないと実感させられ。

その中でも2つ。一つは開局65周年を迎えた文化放送の特別番組(3月30日、木曜日の午後6時から9時)であり、イタリアのアルバという町で2人の神父のやりとりから始まった、という開局ストーリーから、この65年の間に<デンスケ>という機材を肩にしてラジオのスタッフがいかにその時々の<現場>を取材したかというドキュメント。学生時代、三島由紀夫が市ヶ谷の防衛省でことを起こした同じ時間に私は、当時本局のあった文化放送の見える四谷・若葉町でうごめいていた立場として、興味深く聴いた。

もう一つは、この<番組改編期>にいくつかの番組が終わり、いくつかの番組が生まれてくる時期であり、「新たな話術」が登場した番組に立ち会いました。3月28日午後9時からTBSラジオにて「神田松之丞ひとり語りの一時間」という至福、耳福な番組に遭遇、4月2日午前0時半からの30分間、「神田松之丞問わず語りの松之丞」という3ヶ月限定レギュラーの初回につながった。<話術>の確かなる<話芸>の才人に出会えたというのは至福&耳福、なんですわ。