誘惑、修羅を上回る

 

三月弥生も10日をを経過、<修羅の三月>は名実を伴っていた。振り返ればわが人生は修羅常套ではあった、修羅上等ともいえた、楽しんでさえいた、これはいささか傲慢な物言いではあるが、本年度のわがテキスト(通年教科書自指定)の大江健三郎『定義集』においては、序盤から読み捨てならぬ逸文がならんでおり、現職官僚や閣僚らにとっても<指定教科書>としてお薦めしたいものであるがいらぬお節介だろう。

二月の終わりから昨日まで、<人間が機械になること・・・>、<繊細な教養の所産が壊される>、<書き直された文章を書き直す>らを熟読し、ああ、大江健三郎さんにとっても相当な修羅をくぐり抜けてこられたのだな、と実感。

教科書とは異なり、映画をずっと見続けているので読書も快感を求めてマニュエル・プイグの『天使の恥部』なんぞを読み終えました。『蜘蛛女のキス』同様、文章が視覚的で、この作品も映画化されたものを見てみたくなる作品でした。

 

f:id:fukahara_itami:20170310135205j:plain



で、映画ですが、縁なんでしょうか、私が『セッション』という作品を見ていたときにBSだかCSだかで同作品が放映されたようで、翌日の文化放送大竹まこと氏が見て感心したと話していた。その文脈は、『セッション』の監督が作った新作『ラ・ラ・ランド』がアカデミー賞有力作であることの延長にあったが、同番組にゲストで出たいとうせいこうは同作もいいが私はこれを推すと『ムーンライト』を紹介し、結果は皆さんご承知のようになりました。個人的には目先の事実より歴史となった作品を見るスタイルなので、『ラ・ラ・ランド』も『ムーンライト』も3年先ぐらいに見る予定。

で、『セッション』が素晴らしく、教授役で助演男優賞を獲得した役者、J.K.シモンズに魅入られた。この役者は、題名は忘れたが女流警察官を主人公にした連続ドラマの皮肉な上司役で見慣れていた。ああ、ここで思い出した、連続ドラマのタイトル、『クローザー』でした。調べたら、出演映画数がハンパでない、日本流に言うところの<名脇役>なんでしょうね。『セッション』を見ていて思ったのは演出家・蜷川幸雄さん、さぞかし、演出中の蜷川さんはこのプロフェッサーのような剣幕だったのでしょう。この作品に魅せられた私は監督・デミアン・チャゼルが脚本を担当したというだけで、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』まで見てしまった。映画の基本、シナリオが優れている、『ラ・ラ・ランド』は見ていないが、『セッション』も『グランドピアノ』も楽譜がポイントになっている。三十を過ぎたばかりのデミアン・チャゼル、これから楽しみだ。