読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢が思い出せない

夢を思い出せない、こんなことはどなたにも数あることだとは思う。しかし、最近の私は<かなりセンセーショナルな夢>を見る。で、目覚めたときには覚えている。そのとき、メモ帳などを用意して書き留めておけばいいものを、まあね、起きたときは、それどころではないわけですよ
。意識は目覚めていても、自己分析的には起きちゃいない、やれタバコに手を伸ばすか、小用にたつか、あるいはヤカンで湯を沸かすか、最近ではまず靴下をはく、これを最初にやりますね。

こんなルーティンをやっているうちに、あれっ?なんだっけ?きれいさっぱり忘れておるのですわ。おおよそのイメージは残っていても、肝心要のディテールが粉砕されている。だから、いかにセンセーショナルであるかさえ、皆さんに伝えることもできない。え?こんなことを夢で見ているんですか?というような意味で<センセーショナル>であることはイメージできるのですが、登場人物の<意外さ>、場所(シチュエーション)の<意外さ>なども思い出せない。医療機器の革新が言われているが、人が見た夢を記録する機器が出来得れば、これほど革新的だと思ったが、これは人工知能よりも難しいことは薄明ですね。

さて、私の持病の方が状況よろしくならず、しばらく<要安静>を命じられました。週に一度、心電図をチェックする経過観察を続けてきましたが、先週末の心電図の波形が如実に悪化、ステージⅡのⅢに近い状況だとかかりつけ医から説明を受けました。Ⅰであれば、日常生活を普通にしてかまわないのだが、Ⅱになると<要安静>、ステージがⅢとなれば、入院の上に<絶対安静>になる、などと書くと簡単すぎますが、この病気は心臓機能の不具合と心理的サムシングが相乗し発する微妙なもので、おまけに確たる自覚症状がほとんどないので厄介。

<センセーショナルな夢>が心理的サムシングに影響を及ぼしているかどうか(笑)が目下最大の関心事。もっとも、信頼しているかかりつけ医ではあるものの、このことを告げるわけにはいかないし。

神宮コンビのニュースドットコムの2月10日号にて、アメリカ、トランプマターを直接論ずる具は犯さず、その背景にあるものと称しつつ、結局はアメリカの成立から今日までの近現代史東京理科大(といってもこの先生の属する基礎工学部というのは北海道長万部にあるらしい)の先生(石川敬史さん)をゲストに迎えて論ずる番組(タイトルは『トランプ政権を操るオルタナ右翼の正体』、決して歴史の長い国ではないのでコンパクトにかついくつかの角度を変えての講義、大いに学び直すことができました。日本史はともかく、中学高校での世界史は近現代を中心の授業をしないと、必要マターな世界観を持てないでいるリスクは大きいと思う。