二昔前、を想う

今週見た映画では、『大統領の陰謀』(1976年)、『レスラー』(2008年)の2作が秀逸だった。いずれも初見であり、『大統領の陰謀』はいわゆるウォーターゲート事件をスクープしたワシントンポストの若手記者(ロバートレッドフォード、ダスティンホフマン)の活躍をノンフィクションスタイルで靜逸に描いた作品、これほどの映画を1976年当時の自分が、話題にもなったろうになぜ見なかったのかが不明。40年前の自分は公私に多忙だった、主演の二人と同様、若手でしたからね。

一方、『レスラー』はバブル期に公開された『ナインハーフ』や、『エンゼルハート』でスターダムにのし上がったものの、その後、パタリと姿を見なくなったミッキーロークがようやく俳優になったな、と頷ける演技、これなくして作品そのものが凡庸となるのに、当時の容貌とはすっかり異なり、最初に出てきたとき、え?これがミッキーローク?と思わせる老いとは別の変貌に驚いた、しかも主人公そのものがミッキーロークと重なって見える、C級エンタテインメントであるどさ回りのプロレスラー、かつて(1980年代)一世を風靡した主人公が、娘にも見放され、心臓疾患にも襲われ、このままでは自分の人生の在処そのものを失ってしまう、そういう境地で、ファイナルエヴェントに望む。単館上映だったこともあり、見逃したが、例の神宮コンビがあまりに過剰に推薦するので見たのですが、やあ、見てよかったです。

東京は雪が降るのか降らないのか、小寒い曇り空の大寒の日ですが、これから厚着をして、エビカンへ打ち合わせに向かいます。