読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と金星

何気ない日常が流れていくのを実感するのは、昔は日めくりの暦を朝一枚ずつめくるという行為が象徴していた。今や、日めくりにたとえれば、気がついたときに3日分ぐらいいっぺんにめくるようなスピードという比喩があっているだろうか、いや、3日ではないな、一週間ほど、うんそれでも足りないな、気がついたときには一月経っていたなんていうこともあった昨今、とりあえず西暦2017年、平成29年が明けました。

年末年始に休暇を得るというスタイルではないため、果てしない(終わりのない)仕事を続けながら、それでも2日と7日はお休みしました。昨年末に虜となったディック・フランシスの晩年作品シリーズの『祝宴』を昨日読了、いやぁ、楽しめました。BGMはこの作品のヒロインがヴィオラ奏者であることから、エルガーの『ニムロッド』や、年末に遭遇した朝倉さやという歌手の『日本漬け』というアルバム。このシリーズでは珍しく、主人公がフレンチのシェフであることが特徴で、しっかりしたリサーチが活きて、ヴィオラとヴァイオリンの違いも含めて、勉強にもなる読書、映画とともにあらためて<楽しむ>ことの醍醐味を味わえました。

エルガーといえば、『惑星ージュピター』なんぞが著名ですが、『ニムロッド』も宇宙空間を漂う気分を味わえます。そんな中、2日の夕刻、写真のような宵空に遭遇、月と金星のツーショット、手ぶれ補正はしておりません(笑)。これが私にとっての<ご来光>のようなもの、この月と金星の間を民間機なのか米軍機なのか不明ながら、縫っていくのも見えました。

f:id:fukahara_itami:20170102172620j:plain